ライター業務をする際に忘れてはならない納期のこと

自らが書きたいテーマを決めて表現をするというライターのスタイルもありますが、多くは依頼主から発注をうけて、その案件に従って書き進めていくかと思います。
そして、記事ばかりではなく納期についても必ず確認をしていただくことが大切になってくるのです。

納期は守らなくてはならないものなのか

カレンダーーとペン
まず、納期とは「記事を提出する期日」のことをいいます。
多少は遅れても良いのではないか?という方もいらっしゃるようですが、必ず守るように意識をしましょう。
「最終期日」と考えて書き進めていただいたほうが良いかとも思います。

案件が手元に届いたら、まずは納期を確認するという習慣を身に着けていただくのがおすすめです。

納期にあわせて計画を立てる

納期にあわせて執筆計画をたててみましょう。
このことによって、「守るつもりではいたけれど結果として遅れてしまった」などという事態をさけることができるでしょう。
そのため、計画を決めた後はこつこつと書き進めていくことが大切になります。

執筆が難しいと感じたら早めに伝えること

案件を見た段階で納期に間に合うか不安だ。
そのような場合には、執筆を始める「前段階」で依頼主に伝えるようにしましょう。
必ずではありませんが、納期を調整してくれる・記事の全体量を少なくしてくれるなどといった対処が行われることがあるでしょう。

万が一の事態の場合

発熱した女性
納期に間に合うように計画をたてて執筆をしていたものの、体調不良やそのほかの事由によって遅れてしまいそうだというケースについてですが、遅れるということを認識した段階ですぐに依頼主に報告をしてください。
やむを得ないと判断された場合には、納期を調整してくれるかと思います。
しかし、できればこうしたことが幾度もないように気をつける必要があるでしょう。
基本的には「こうしたことがないように心がける」ということが大切です。


調整してもらったときには一言伝えよう

納期に関して対処をしてもらった際には、一言をそえて提出をすることも仕事環境を整えるために行うようにしてください。
在宅で一人で出来る仕事ではあるものの、依頼主あってのライター業務であるということも忘れてはなりません。

納期は常に意識をしておきたいポイント

今回は、納期という部分に焦点をあてて考えていきました。
文章の執筆はもちろん中心になるものではありますが、納期は常に意識をしておきたい「前提的」なポイントでもありますので、これからライティングを行いたいという方も、実際にすでに執筆をしているという方も気にかけておきましょう。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 webライターとして仕事をする為に。記事の書き方ご紹介! All Rights Reserved.