文章を書く際に抑えておきたいポイント

ウェブライターは文章を書くということをするお仕事と簡単に言うことができますが、依頼主の指定に従って書くことが求められます。
だからこそ「自分自身が満足できる文章」だけではライター業務は成立しないのです。
そこで、抑えておくべきポイントについて見ていきましょう。

ターゲットを確認しよう

執筆を始める前に、まずは案件の詳細を確認されるかと思います。
構成やそのほかの指定にのっとって書き進めていただくわけですが、「視点」というものも考えていきましょう。

詳細について触れると「ターゲットユーザー」です。
記事をどういった層が読むことを目的としているのかという点です。
こちらにおいても、案件に書かれていることもあるかと思いますが、そうでない場合には的を絞るように心がけましょう。
そして、視点がずれないように注意をしてください。

共感という要素について

次に「共感」という部分についてです。
自分の考えや感情というものではなく、あくまで「読み手が主体」ということを忘れないように執筆をしていきましょう。
ライターの基本的な姿勢といっても過言ではないでしょう。

だからこそ共感できる内容というものを考えながら進めていきましょう。
「多くの人が納得しやすい文章」というものを作ることが大切です。

需要について考える

次に需要です。
1つの題材においても「多くの人が疑問に思うであろう部分」や「多くの人が気になるであろう部分」というものがあるものです。
こちらを意識して執筆していくと良いでしょう。

言葉のトーンについて

次に言葉のトーンです。
たとえば、「です・ます調」「である調」といったものから、友人と会話をするようなフランクなものまで言葉1つを取り上げてもさまざまな言い回しがあります。
指定があれば、それに従って執筆をしていただくことになるのですが、そうでない場合には「統一させる」ということを意識しておきましょう。

言葉のトーンを1つの記事の中に多く混ぜ込みすぎてしまうと文章全体としてまとまりが無いものが出来上がってしまいます。
これは、どんなに内容がつまっている記事であっても価値を下げてしまう可能性もありますので気にかけておきましょう。

ポイントを抑えて完成度の高い文章を

今回は、記事を書くポイントいくつかを考えていきました。
意識と確認をしていただくこと。そして経験を重ねていくことによって自然と身についてくるかと思いますので実践していきましょう。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 webライターとして仕事をする為に。記事の書き方ご紹介! All Rights Reserved.