ライティング作業をする際の題材について

ライターとしてお仕事をしていくうえにおいて、すべての案件に自ら知識を持っているというケースは少ないかとも思います。
時には、まったく文章が考え付かないということもあるかもしれません。
そこで今回は「題材の選び方」について考えていきましょう。

題材は選べるものなのか

答えから言えば「選べる場合もある」というのが正確なものといえるでしょう。
依頼されたものに対してすべてのものを書き進めることが出来るというのは「需要」としては大きいことではありますが、執筆が難しいものを受けてしまうことはあまりおすすめできません。
結果として「書けない」と途中放棄してしまうと信頼を欠いてしまう原因ともなりますし、文章として受領できないものとなってしまったり、そうでないにしても納期に間に合わないなどということもあるかもしれません。

もし、どうしても難しいというものに対しては、依頼主に相談をするのが良いでしょう。
ただし、簡単に「出来ない」と処理しないようにしてください。

事前に得意な題材を提出しておくのも良い

依頼主によっては、発注をする前に「どのような文章であれば執筆できるのか」などといったアンケートのようなものをとることもあるでしょう。
その際に、自らが書けるものについて考え伝えておくというのも、今後のライター業務を考えたときには有効的です。

募集段階から執筆できるものを探してみる

募集や求人を見る際に「書ける案件を依頼してもらえるもの」を選んでいくという方法になります。
多ジャンル記事ばかりではなく、中には専門的な記事・1つのテーマに沿った記事のみを執筆するという案件もあるのです。
もし、専門的な知識がある・経験があるなどという場合には、そうしたもののほうが報酬としても高くなる可能性もありますし、執筆環境としても良いものを整えていただきやすいでしょう。

出来ないではなく調べてみるということ

検索エンジンを使う
とはいえ、自らの知識としてないからと拒否してしまうのではなくまずは「調べる」ということも取り入れていきましょう。
今では、インターネットを利用すればさまざまな情報や基本的な知識を取り入れることもしやすいかと思います。

題材について考える

今回は、ライター業務の中でも題材という部分について考えていきました。
これは、執筆する側においては大きな要素となってくるものですので、改めて「選び方」「つかみ方」というものを考えてみてはいかがでしょうか。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 webライターとして仕事をする為に。記事の書き方ご紹介! All Rights Reserved.