より良い文章をつくるために心がけたいこと

ライターとしてお仕事をしていく上において、案件に指定があったとしても「よりよい文章を書く」ということが大切になってきます。
ただ書くというのではなく、より良い文章を書くと考えたとき、抑えておくと良い点というものはあるのでしょうか。

まずは書いてみよう

タイピングをする
まずは文章を書いてみましょう。
というと、それでよい文章を作ることができるのかと疑問に思われるかもしれません。
とりあえずは何かを書いていくということで、構成が見えてくる・言いたいことがまとまってくるということがいえるのです。
提出する文章としてではなく、箇条書きのようなものでかまいませんから書いてみましょう。
文章を書くという事は慣れから始まるものです、始めは量を執筆する事を念頭に頑張ってみましょう。

タイトルについて

タイトルは、本文ではありませんが「読んでみよう」という気持ちにさせるものでもありますし、文章全体をまとめる「リボン」のような役割を持っています。
ですから、タイトルにも少しこだわりや意識をおいてみるというのも良い文章にするためのコツでもあるのです。
くれぐれも、ミスリードをしてしまうようなタイトルはつけないようにしましょう。
また、案件を見てタイトルに文字指定やワード指定があればそれらを必ず盛り込んでつけるようにしましょう。

目線を気にして執筆をしよう

次に文章全体の目線です。
自らが自由に書くという文章は別になりますが、基本的な目線としては「第三者視点」で書いていきましょう。
これがより多くの読み手に共感を与えたり分かりやすい文章を作成できたりということにつながっていくのです。
文章を書き終えた時点で、こうした視点になっているか確認をするということも良いでしょう。

文章の構成について

構成と聞くと難しいように感じられるものです。
一例としては、最後で結論をいうよりも、冒頭で答えをだしてからそれ以降で理由を書いていくということによって、読みやすい記事構成を作りやすいのです。
もし、回りくどい文章になりやすいなどという方がいらっしゃれば実践してみると良いでしょう。
結論だけでは納得しにくい文章となってしまいますし、説明だけでは意図していることがわからなくなってしまいますので、必ず双方を盛り込むようにしましょう。

良い文章を作ろう

案件に従って執筆するだけで精一杯だということもあるかもしれませんが、こうした部分を意識し記事を作っていくことでライターとしてのスキルアップにもつながりますし、信頼度も獲得できる場合もあります。
ぜひとも、より良い文章をつくるような努力をしてみましょう。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 webライターとして仕事をする為に。記事の書き方ご紹介! All Rights Reserved.